決死!車輪につかまりハバナからカナダへ

元記事へのリンク(http://www.zakzak.co.jp/top/t-2002_12/3t2002121017.html)

 カリブ海の島国キューバに暮らす男性(22)がカナダでの生活を夢見て、国際線旅客機の車輪格納庫内に潜伏、氷点下50度の外気や低酸素状態に耐え、ハバナからモントリオール国際空港に無事たどり着いた。
 男性は滑走路で発見された当時、シャツにベストという薄着姿。4時間の飛行中、温風パイプにへばりついて暖を取っており、体温が極度に下がったほかは健康だという。

 若さっていいな~。よく死ななかったな。

カテゴリー「ニュース」 のエントリー