2800年前の微生物よみがえる 南極の氷から

元記事へのリンク(http://www.cnn.co.jp/science/K2002122200761.html)

 南極の分厚い氷床の下で2800年以上も前から凍結していたとみられる微生物が、このほど解凍によってよみがえった。米イリノイ大シカゴ校のピーター・ドーラン氏らのチームが、米科学アカデミー紀要の最新号に成果を発表した。
研究チームでは、米基地のあるマクマード近くの氷床に深さ約12メートルの穴を掘り、細菌や藻類を採取した。温度を少し上げたところ、これらの微生物は「息を吹き返した」という。

 別にテクニカルには何でもないニュースだけどとりあえず。

カテゴリー「ニュース」 のエントリー