信号機の雪溶かす「新兵器」を発明-福井

 おいおいたかが雪が積もったのを検出するセンサー1個に数万円もかけるのかよ。これだったらもっといいのを考え付きそうなものなのに。元記事へのリンク(http://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_01/3t2003010924.html)

福井県内の発明好きが集う「県発明くふう研究会」(大浜利栄会長)が、信号機にたまった雪を溶かす装置を発明、県警と協力し、福井市などの交差点4カ所に設置した。
 研究会によると、雪を溶かすのは信号機のひさしに設けたヒーターで、柱などに取り付けられた積雪センサーが2センチ以上の雪に反応することにより、自動的にスイッチが入る。昨年夏から製作を始め、安くて正確なセンサーを見つけるのに苦心、光センサーよりも安い1個数万円の重さセンサーを採用して実用化にめどを付けた。


カテゴリー「ニュース」 のエントリー