睡眠中のいびきや無呼吸は重力のせい、宇宙飛行士5人が実証

元記事へのリンク(http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/wcs-bun.cgi?ID=137850)

 スペースシャトルの乗組員5人が協力した研究で、重力がほとんどない宇宙空間では、睡眠中のいびきや無呼吸が激減することがわかった。睡眠中のいびきや無呼吸は、仰向けに寝た姿勢で筋肉が弛緩し、気道が狭まるために起こると考えられている。研究グループは、「この研究で、いびきや無呼吸の発生において重力が主要な役割を果たしていることが、初めて実証された」と結論付けている。

 本当かどうかはわからないけどいびきの原因は「重力」。ということでいびきがひどいそこのあなた、悪者は重力です。いびき抑制剤なんて怪しげな薬飲まないで重力から離れましょう。宇宙は非現実的だから、お薦めは水中。完全には重力から逃れられないけどある程度は浮力でカバー可能。プールでぷかぷかしながら寝るってのはどうでしょう?あ、駄目か。考えてみたら気道上の筋肉には普通に重力かかるから...ということで諦めましょう。

カテゴリー「ニュース」 のエントリー