写真撮影方法


 デジカメで撮影するときなどは接眼レンズ部のカバーを外す。
  (2003:03:19 22:49:00,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4.8, 1/20, 0.4, 54mm)

 ネジ式なのでカバー部を回せば簡単に分離する。
  (2003:03:19 22:49:55,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4.8, 1/30, 0.4, 54mm)

 観察するときは直射日光下など明るい場所で行うか、蛍光灯などで試料を照らす必要がある。
  (2003:04:08 21:29:20,FinePixS1Pro, 絞り優先, F6.7, 1/10, 0.0, 62mm)

 デジカメなどで撮影するときは試料をできるだけ明るく照らし(直射日光下で蛍光灯を複数 併用するのが理想的)、三脚に固定したカメラを接眼レンズ部に向ける。
 この際、カメラは絞り優先、マニュアルフォーカス設定に合わせ、ピント位置を無限遠に固 定し、絞りを解放した状態で撮影するとよい。
  (2003:04:08 21:49:46,FinePixS1Pro, 絞り優先, F6.7, 1/20, 0.7, 72mm)

 実体顕微鏡の接眼レンズ(左)と生物顕微鏡の接眼レンズ(右)。
 生物顕微鏡の接眼レンズの取り付け部が直径24mmに対し、実体顕微鏡は直径30mmと、だいぶ サイズが違う。しかし、これらの焦点距離はほぼ同じため、実体顕微鏡の鏡筒に生物顕微鏡の 接眼レンズを取り付けて観察することもできる。こうすることで広視野かつ明るい像が観察で きるのでデジカメなどの撮影時には強力なアイテムとなる。
  (2003:04:08 21:36:17,FinePixS1Pro, 絞り優先, F6.7, 1/10, 1.0, 72mm)

カテゴリー「顕微鏡の世界」 のエントリー