光軸調整


 3本のネジをはずす。
  (2003:03:19 21:51:44,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4, 1/90, 0.7, 54mm)

 3本のネジは長さが違うので注意しよう。側面のネジは短く。その他の2本は長い。
  (2003:03:19 21:53:00,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4, 1/15, 0.0, 54mm)

 接眼レンズ部を分離するためにさらに3本のネジをはずす。
  (2003:03:19 21:53:46,FinePixS1Pro, 絞り優先, F4, 1/45, 1.0, 54mm)

 これで分離できた。
 プリズム固定用のネジ以外の6本のネジが光軸調整用だ。2本1組で調整できる。
 調整するときは2本1組の内の片方を緩め、もう片方を締めるという方法で行う。ネジを回して は接眼レンズ部を(ネジで固定はせずに)元通りにはめ込んで試料を観察する、という手順を 繰り返す。観察像が両目で見たとき立体的に見えるようになるまで調整する。根気を要す単純 作業だ。
  (2003:03:19 21:55:55,FinePixS1Pro, 絞り優先, F2.8, 1/45, 0.7, 54mm)

カテゴリー「顕微鏡の世界」 のエントリー