OLYMPUS EMM-6


 顕微鏡写真撮影用の露出計&色温度測定器のEMM-6はOLYMPUSのロゴの入った重厚な木製箱に収まっている。
  (2005:08:08 11:22:36,NIKON D70, 絞り優先, F5.0(38,A), 10/600, 0.7, ISO200, 55mm)

 左側にはセンサーと各種コードの格納スペース、右側は測定器本体が入っている。
 測定器本体は箱に固定されているため取り出すことはできない。
  (2005:08:08 11:23:19,NIKON D70, 絞り優先, F3.0(23,A), 10/600, 0.7, ISO200, 55mm)

 センサーは2つ。「EM」とあるのは露出計用、「CT」とあるのは色温度測定用のセンサーだ。
 電源はAC100Vを利用できる。このほかにフィルターがあるはずだが残念ながら欠品していた。
  (2005:08:08 11:23:32,NIKON D70, 絞り優先, F3.0(23,A), 10/600, 0.0, ISO200, 55mm)

 メーター部分はアナログテスターのように複数の目盛りが用意されている。
  (2005:08:08 11:24:16,NIKON D70, 絞り優先, F5.0(38,A), 10/600, 1.3, ISO200, 55mm)

 正直なところ使い方がよく分からないが切替ダイヤルが3つとスイッチが1つ用意されている。
 右下のスイッチは写真撮影装置の切替用。PM-7とPM-6、PM-10に対応している。
 右上は測定モードの切替ダイヤル。「CTR」は色温度測定モード、「HIGH」と「LOW」は露出測 定モードになる。
 真ん中のダイヤルはフィルム感度設定用。ISOではなくASA表示になっている。カラーフィルムは ISO12~800、白黒フィルムはISO6~400に対応している。
 左上のダイヤルは色温度関連の設定用。使い方は不明だが2854度~6000度に対応している模様。
  (2005:08:08 11:23:46,NIKON D70, 絞り優先, F3.0(23,A), 10/600, 1.3, ISO200, 55mm)

カテゴリー「顕微鏡の世界」 のエントリー