甲子園浜の水中(2006年09月30日)


(不明)

 網目状の生物が岩に付着していた。今日はこの生物がやたら目に付いた。何という生物 なのかなど詳細はよく分からない。
 甲子園浜に泳ぎに来たのはカタクチイワシの水中写真を撮るのが目的。と言うのも、昨夜(というよりも泳ぐ 数時間前)に甲子園浜に来たら、4~5cmぐらいのカタクチイワシが数万匹の群れで入っていたから。この光景が 頭から離れず"大阪湾のイワシの群れが撮れる!"と思いウエットスーツなどを持って訪れた...しかし、既に イワシは全然いない。群れは去ってしまいイワシの死体すら転がっていなかった。あ~あ、チャンスを逃して しまった。
  (2006:09:30 08:01:22, NIKON D200, シャッター優先, F4, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

(不明)

 何だが分からない白い円筒状の生物。大きさは2~3mmぐらいかな?群生して生えていた。 種類どころか何の仲間の生物なのかも不明。この手の生物は研究も進んでいなさそうだから 新種とかすぐに見つかりそう。見つかったところでそれが新種かどうかを調べるのが個人 レベルじゃ不可能に近いだろうけど...
  (2006:09:30 08:03:50, NIKON D200, シャッター優先, F4.8, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

タテジマイソギンチャク

 ほとんど色がない海の中で鮮やかな緑色の触手をなびかせていたのが このイソギンチャク。岩の飛び出た部分にその存在を誇示するかのよう に付着していた。
  (2006:09:30 08:10:19, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

コブヨコバサミ

 アカニシの貝殻に入った大きなヤドカリがアオミドロのような海藻が生えた 岩の上を歩いていた。殻は拳を握ったぐらいの大きさかな。こんなのが動いている ものだから遠目からでもはっきりそれと分かった。
  (2006:09:30 08:12:55, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

コブヨコバサミ

 このヤドカリは大きいだけあって正面から見るとかなりゴツイ。大きいから大胆なのか カメラを向けても"あまり"気にすることはなかった。しかしやはりカメラを近づけると 後ろ向きに歩き続け...岩から落ちてどっかへ転がって行ってしまった。
  (2006:09:30 08:14:54, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

(不明)

 尼崎閘門でも見かけたナゾの魚の稚魚が甲子園浜でも群れて入っていた。写真では魚の詳細 はまったく分からないが群れている数は分かるかな?岩の上の水深20cmぐらいのところにたくさん 群れて入っていた。
 あまりに水深が浅いので水中カメラを構えてもファインダー部分が水面から出てしまい、 ピントを合わせることができない...というように撮影がかなり大変だった。
  (2006:09:30 08:23:00, NIKON D200, シャッター優先, F7.1, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

シマイサキ

 甲子園浜で見かけることの多いシマイサキ。今日はたくさん入っていた。全部で10匹は見た と思う。今日は浜辺の階段部分に座ってハゼ釣りをしているおじさんが6~7人いたが、その餌 にも食いついてシマイサキが釣れていた。
  (2006:09:30 08:27:15, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

シマイサキ

 今までシマイサキの写真はなんとなくピンボケが多かったが今日はなんとか見れる写真にできた かな?
  (2006:09:30 08:27:16, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

クロダイ

 綺麗な縞模様のチヌも入っていた25cmぐらいの大きさだろうか?岩に口を向けて餌を食べる仕草 を見ることができた。
  (2006:09:30 08:34:13, NIKON D200, シャッター優先, F4.5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ボラ

 今日は大きめのボラが多く入っていた。海水の透明度も高かったのでこのサイズのボラにしては いいコントラストで撮れた。
  (2006:09:30 08:34:21, NIKON D200, シャッター優先, F5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

(不明)

 これが例の群れで入っていたナゾの魚。側線の形から想像するにアジの仲間かな?
  (2006:09:30 08:36:12, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

(不明)

 かなり激しく泳ぎ、1~2秒ホバリング。そして再び泳ぎ去るという動きを繰り返していた。 しかし私が泳がずに10分ぐらい同じ場所にジッとしているとこの魚もあまり動かなかったので 撮りやすかった。とは言うものの大き目の稚魚は近くに寄ってくれなかったので小さめの稚魚 の写真しか撮れなかった。
  (2006:09:30 08:36:13, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

シマイサキ

 周りを見渡すとあちこちにシマイサキがいる。しかしカメラを向けるとすぐに逃げる... この魚は警戒心が強いが好奇心も強い中途半端な魚。
  (2006:09:30 08:38:47, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

シマイサキ

 このシマイサキは岩に付いた生物を泥ごと突き取って口に入れ、泥を吐き出すというような ことを繰り返していた。写真は口から泥を吐いたところ。こういうシーンは写真じゃなくて ハイビジョンで捉えたいよなぁ。
 あ~ハイビジョンカメラとハウジングが欲しい!...買おうと思えばすぐ買えるけど、 現実的に考えて録画したデータを処理する環境がないんだよなぁ。今使ってるパソコンじゃ 能力不足でハイビジョン画像の編集どころか再生もできないし...どうしたらいいんだろう?
  (2006:09:30 08:40:42, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

クロダイ

 今日はチヌを2個体見かけた。1匹は写真の個体で少し大きめ。あまり近くに寄ってくること はなかった。とは言うものの、まぁ1メートルぐらいの距離までは近づいていたんだろうけど。
  (2006:09:30 08:44:40, NIKON D200, シャッター優先, F5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

クロダイ

 こっちはもう1個体。小さめですぐ近くまで寄ってくることもあった。
  (2006:09:30 08:45:07, NIKON D200, シャッター優先, F5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

イソギンチャクの1種

 数年前まではこのイソギンチャクをたくさん見かけたような気がするが、今日はあまり見かけなかった。 このイソギンチャクに限らずタテジマイソギンチャクも減った気がするなぁ。
  (2006:09:30 08:49:41, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

マハゼ

 甲子園浜には今年はそれほど多くないようだがハゼがたくさんいる。種類もヒメハゼ、ウロハゼ、 チチブ、ミミズハゼ、アゴハゼ...と色々いるのだが...今日はマハゼ以外は見ることがなかった。
  (2006:09:30 08:52:39, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

 ヤッコカンザシの入った管が固まった岩のような塊が動かされたような跡が海底に残っていた。 この生物はクロダイの大好物。そのためクロダイが食べようと突きまわしたために転がったのだろ うか?このような跡は数箇所で見られた。
  (2006:09:30 08:55:13, NIKON D200, シャッター優先, F4.5, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ボラ

 目が白濁したボラがいた。寒ボラの季節になってきたので油が乗ってきたのかな?目がまったく 見えないようで気がつかれずにすぐ近くまで寄ることができた。
 海の中では気がつかなかったが帰ってから写真を見ると目の後方、エラの前に何か 茶色のものが突き刺さっている。ヒダビルやサヨリヤドリムシのような寄生虫ではなさ そうだし。。。何だろう?
  (2006:09:30 08:58:57, NIKON D200, シャッター優先, F4, 1/400sec, 0.0, ISO800, 60mm)

カテゴリー「甲子園浜の水中」 のエントリー