尼崎閘門(2006年9月24日)


 昨日に引き続き今日も尼崎閘門に来た。泳ぐ場所はここ。天気は曇り時々晴れという感じで、 風もあり昨日より寒い。
  (2006:09:24 11:31:27, NIKON D200, シャッター優先, F16, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

イワフジツボ

 今日も大潮だったが干潮時間まで1時間ほどあったので昨日よりも潮位は高い状態。それでも干上がっている 場所はあり、そんな場所にフジツボが群生していた。
  (2006:09:24 11:40:25, NIKON D200, シャッター優先, F14, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

タマキビ

 干上がっている場所の隅にはタマキビがかたまっていた。
  (2006:09:24 11:40:43, NIKON D200, シャッター優先, F14, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

魚の死骸

 海に入ってまず目に入ったのがコレ。肉がなくなり白骨化した魚の死骸。ボラか何かかな?
  (2006:09:24 11:41:54, NIKON D200, シャッター優先, F14, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

スジエビモドキ

 今日の目的はエビの写真を撮ること。そう思い慎重に岩陰を覗き込んでエビを探し回った。 結果見つけたのがこのエビ。運よく明る目な場所にいたのでまぁまぁ撮れた。でもまだピントは 甘いし...再チャレンジしなければ。
  (2006:09:24 11:48:22, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

ケフサイソガニ

 牡蠣の殻の中にカニが隠れていた。この付近は牡蠣殻がたくさんあるのでこういうアングルの写真 を撮ろうと思えばいくらでも撮れる。
  (2006:09:24 11:55:36, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

アカニシ

 昨日に引き続き今日もアカニシを発見。今日見つけた個体はウフネガイが1つも付着していなかった ので、外見は汚れていたがすぐにアカニシと分かった。
  (2006:09:24 11:56:22, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

アカニシ

 ひっくり返してみたところ。ウフネガイもくっついていなかったのでこれは持って帰って食べた。 コリコリしていてなかなかの美味。蓋部分の年輪などから察するに生まれて8年の個体のようだった。
  (2006:09:24 11:56:38, NIKON D200, シャッター優先, F8, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

エビの1種

 初めて見るエビを発見。見つけたときは陽の当たる岩の上に乗っていた。アップ写真を撮ろうと 思ってカメラを近づけたら...体のバランスを崩してぶつかるぐらいに近づけすぎてしまった。
  (2006:09:24 11:58:31, NIKON D200, シャッター優先, F4.5, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

エビの1種

 すると驚いたエビは普通に泳ぎだした。どこかへ消えるわけでもなくゆったりと近くを泳いでいた。
  (2006:09:24 11:59:28, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

エビの1種

 触覚は白黒のまだら模様で逆Vの字を描くように下に向けて泳いでいた。
  (2006:09:24 11:59:33, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

エビの1種

 たまにゆっくり岩の上に着地しては再び泳ぎだすというようなことを何度も繰り返していた。
  (2006:09:24 11:59:57, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

エビの1種

 手持ちの図鑑では種類までは分からなかった。
  (2006:09:24 12:00:48, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

チチブ

 岩によりかかるように斜めに乗っていたハゼ。この付近にはこの ハゼが非常に多く住んでいる。
  (2006:09:24 12:03:38, NIKON D200, シャッター優先, F4, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

(不明)

 牡蠣殻に生えていた。非常に細い白い生物。何かは不明。
  (2006:09:24 12:05:33, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

チチブ

 牡蠣殻の中にハゼが隠れていた。
  (2006:09:24 12:10:14, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

クロホシマンジュウダイ

 岩陰を覗き込みながら泳いでいたら赤い模様が入った魚を発見! これはかなりレア!と思い撮影。
  (2006:09:24 12:11:31, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

クロホシマンジュウダイ

 黒ベースの魚体に黄色い横縞が複数あり背中の部分だけ赤い。かなり特徴的な魚。 今まで見たこともない配色だったのでISO感度を変えながらできるだけシャッターを 切った。100枚ぐらい撮影したのかな?でも暗かったのでうまく撮れている写真は なかったのが残念。
  (2006:09:24 12:12:12, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 10/4000sec, 0.0, ISO640, 60mm)

クロホシマンジュウダイ

 模様は特徴的だが図鑑を調べても載っていない。ネットで調べて もそれっぽい魚はヒットしない...どうしようもない状態だった が、とあるホームページで質問したら判明しました。クロホシマン ジュウダイの幼魚ということ。
  (2006:09:24 12:15:13, NIKON D200, シャッター優先, F3.2, 10/4000sec, 0.0, ISO1600, 60mm)

マハゼ

 岩の上に尾びれ部分が食いちぎられたハゼを発見。スズキか何かにやられたのかな?まだ生きてい て苦し紛れに泳いでいた。
  (2006:09:24 12:18:11, NIKON D200, シャッター優先, F3.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 住処にできる牡蠣殻をめぐって争っているのか、2匹のカニがハサミをぶつけあっていた。
  (2006:09:24 12:18:26, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ユビナガホンヤドカリ

 イボニシの貝殻の中に入り込んだヤドカリ。
  (2006:09:24 12:19:01, NIKON D200, シャッター優先, F4, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

タテジマイソギンチャク

 イソギンチャクの大きいのと小さいのが並んでいた。分裂した子供なのかな?
  (2006:09:24 12:28:11, NIKON D200, シャッター優先, F3.8, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

コブヨコバサミ

 テトラポットの隅にアカニシの貝殻に入ったヤドカリを発見。でも何か変。 中身の角度とアカニシの角度がおかしい。まるで千切れているみたい。
  (2006:09:24 12:28:47, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

コブヨコバサミ

 ということでアカニシをひっくり返してみると...どうやら脱皮をした直後らしい。 アカニシの貝殻の中にじっと本体が隠れていた。
  (2006:09:24 12:28:55, NIKON D200, シャッター優先, F5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

コブヨコバサミ

 これが脱皮した殻。目も残っていて脱皮した後とは思えないほど かなりリアル。
  (2006:09:24 12:29:35, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

スズキ

 水深1メートルぐらいの場所を歩いていると突然目の前にスズキ の群れが出現。70cmぐらいのスズキが5~6匹とチヌが1匹私の前を しばらくぐるぐる回ってから去っていった。
  (2006:09:24 12:31:44, NIKON D200, シャッター優先, F7.1, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

シマイサキ

 昨日に引き続き今日もシマイサキを発見。1匹だけで泳いでいた。
  (2006:09:24 12:33:34, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

シマイサキ


  (2006:09:24 12:33:36, NIKON D200, シャッター優先, F5.6, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

シマイサキ

 上とは別個体。昨日見かけた個体と同じように2匹で泳いでいたことと、昨日見かけた場所と ほぼ同じ場所だったことからおそらく昨日見たのと同じシマイサキだと思う。
  (2006:09:24 12:40:07, NIKON D200, シャッター優先, F8, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

チチブ

 牡蠣殻の中にチチブが隠れていた。
  (2006:09:24 12:40:47, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

チチブ

 1箇所に大小10匹ぐらいのチチブが集まっていた。
  (2006:09:24 12:44:26, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

チチブ

 どうやら牡蠣の中の身を漁っているようだった。
  (2006:09:24 12:44:29, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

 一通り撮影をした後、チチブが漁っていた牡蠣を手に取り中を見てみた。中にはケフサイソガニが 2匹いて、身は非常に少ない状態だった。
  (2006:09:24 12:45:04, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

(不明)

 アジの仲間なのか?昨日から稚魚の群れが入っていた。しかし泳ぐスピードが非常に速いため 写真に収めることはできなかった。これが唯一(?)なんとなく分かる写真かな?
  (2006:09:24 12:48:42, NIKON D200, シャッター優先, F9, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

チチュウカイミドリガニ

 甲羅にフジツボをくっつけたカニ。今日も多くのチチュウカイミドリガニがいた。
  (2006:09:24 12:57:06, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

マハゼ

 護岸の岩の奥に大き目のマハゼが隠れていた。
  (2006:09:24 13:05:34, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

タテジマイソギンチャク

 
  (2006:09:24 13:05:52, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

チチブ

 ここでも牡蠣殻の中にハゼが隠れていた。
  (2006:09:24 13:07:26, NIKON D200, シャッター優先, F5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 もうそろそろ帰ろうかと思って戻り始めた頃、護岸の上で奇妙な色形をしたカニを発見。
  (2006:09:24 13:08:28, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 どうやらカニが脱皮を始めているところのようだ!カニの脱皮に出会ったのは2年ぶり。 せっかくなので脱皮が終わるまで連続写真を撮ることに。
  (2006:09:24 13:08:32, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 見つけたときは既に脱皮を始めていたので見る見る間に甲羅の割れ目が大きくなって体が出てくる。
  (2006:09:24 13:08:38, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ


  (2006:09:24 13:08:49, NIKON D200, シャッター優先, F7.1, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ


  (2006:09:24 13:08:51, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

もう後ろ足などは完全に抜け殻から出ている。
  (2006:09:24 13:08:58, NIKON D200, シャッター優先, F7.1, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 それにしても変な格好をしながらの脱皮だよなぁ。
  (2006:09:24 13:09:01, NIKON D200, シャッター優先, F7.1, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 逆立ちをするかのように足がどんどん出てくる。
  (2006:09:24 13:09:02, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 もうあと一息で出きる。
  (2006:09:24 13:09:05, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 微妙に足をもじって体を抜こうとしている。ハイビジョンカメラを持っていればなぁ。動画で撮れたのに。
  (2006:09:24 13:09:07, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ


  (2006:09:24 13:09:08, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ


  (2006:09:24 13:09:10, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 手前側から体を抜き取って...
  (2006:09:24 13:09:10, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

ケフサイソガニ

 最後にハサミが出て脱皮完了。見つけてから1分足らずの出来事だった。脱皮の瞬間が見れて幸運だったなぁ。
  (2006:09:24 13:09:10, NIKON D200, シャッター優先, F6.3, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

イソギンチャクの1種

 白っぽい筋が密に描かれているイソギンチャクを発見。
  (2006:09:24 13:10:48, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

イソギンチャクの1種

 上のイソギンチャクから少し離れた場所に群生している場所もあった(上のイソギンチャクと同じ種類か どうかは不明)。
 今日はクロホシマンジュウダイ、エビ、カニの脱皮と被写体がたくさんあったおかげで写真を撮りすぎた。 撮影枚数は756枚。8GBのコンパクトフラッシュがいっぱいになって撮影終了。一応予備の8GBを持って行って たけど...やっぱり現場でメモリーカード交換は面倒だよなぁ。もっと大容量のカードがあればいいのに。
  (2006:09:24 13:12:17, NIKON D200, シャッター優先, F3.5, 10/4000sec, 0.0, ISO800, 60mm)

カテゴリー「甲子園浜の水中」 のエントリー