神戸の大蔵海岸(2006年9月3日)


ツメタガイ

 今日は海に入ってまず目に入ったのがフグ。大量のフグがあっちこっちで泳いでいた。 ただ視界は非常に悪く"今日はダメかぁ"と思いながらだった。しかし泳いでいるうちにまぁまぁ 透明度があがり、そんな海底にツメタガイの卵塊が転がっていた。
  (2006:09:03 12:23:15,NIKON D200, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

(卵)

 アメフラシの仲間の卵塊。アナアオサの上に産みつけられていた。海素麺とか呼ばれることも ある。
  (2006:09:03 12:24:30,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

モカサ

 本来はアマモに付着しているサンゴ藻の1種。この付近はアマモも混在しているので間違えたのか アナアオサの上にいた。オレンジ色をした一円玉ぐらいの大きさかな。
  (2006:09:03 12:26:55,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

イトマキヒトデ

 テトラポットの下部、陰になっている部分に小型のヒトデが隠れていた。今日はヒトデは この1匹を見かけただけだった。
  (2006:09:03 12:33:10,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ホンベラの幼魚

 前回(というか昨日)塩屋で泳いだときも見かけた魚。名前が分からなかったがようやく判明。ベラの 子供だったらしい。背鰭の斑点は成長に伴って消える。
  (2006:09:03 12:34:29,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

キュウセン

 テトラポット周辺には小さい個体から大きいものまで様々なキュウセンがいた。
  (2006:09:03 12:34:54,NIKON D200, シャッター優先, F6.0(3F,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

メバル

 キュウセンに並んで多かったのがこのメバル。まだ小さい稚魚がテトラポット周りに たくさんいた。
  (2006:09:03 12:36:06,NIKON D200, シャッター優先, F6.0(3F,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

メバル

 こっちもメバル。珍しくピントをきちんとあわせることができた。まだ数十枚に1枚ぐらいしか ピントの合った写真が撮れないのが痛い。構図とか考える以前の問題だもんなぁ。
  (2006:09:03 12:36:30,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

 今日、泳いだのは明石海峡の神戸側にある大蔵海岸付近。岸辺の透明度は1メートルもないぐらい だったけど、神戸側に行くほど透明度が上がって、透明度3メートルぐらいで沖縄のように(?)綺麗な 場所もあった。帰りは泳いだ場所のすぐそばで釣り。夕方に(海の中では出会えなかった)アジを30匹 ほど釣って帰った。
  (2006:09:03 12:40:44,NIKON D200, シャッター優先, F20.0(C8,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ツメタガイ

 海の中にツメタガイの貝殻が落ちていた。あまり見かけないからとりあえず撮影しておいた。 撮ったときは気がつかなかったが貝殻に穴があいている。
  (2006:09:03 12:41:06,NIKON D200, シャッター優先, F8.0(50,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

マゴチ

 砂地を這い回っているマゴチを発見。場所を見失わないように気をつけて何度か潜りながら 撮影。
  (2006:09:03 12:43:28,NIKON D200, シャッター優先, F10.0(64,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

マゴチ

 本当は横から撮りたかったんだけど…近づくとすぐに逃げてしまいダメだった。
  (2006:09:03 12:44:07,NIKON D200, シャッター優先, F10.0(64,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

 砂地の海底には波でできた模様が広がっていた。
  (2006:09:03 12:44:44,NIKON D200, シャッター優先, F10.0(64,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ウミタナゴ

 奥にいるのはキュウセン。ウミタナゴは結構警戒心が強いからすぐに逃げてしまう。 警戒心が強いといえば、テトラポットの陰には30~40cmクラスのチヌが何箇所かにいた けど、こちらが気がつくよりも先に逃げてしまう。伊島にいたチヌは全然逃げなかった のに…やはり人が多い地区の魚は警戒心が強くなっているのかなぁ。
  (2006:09:03 12:47:03,NIKON D200, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

アイナメ

 水深1メートルもない場所だったが結構大きめのアイナメがいた。
  (2006:09:03 12:48:36,NIKON D200, シャッター優先, F6.0(3F,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

クサフグ

 砂地にフグが横たわっていた。砂地に潜っているフグも多かったが写真は撮れなかった。
  (2006:09:03 12:56:31,NIKON D200, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ホタテウミヘビ

 水深3メートルぐらいの砂地で顔を出している魚を発見!"あれは何だぁ?"という感じ で何度も潜って撮影。
  (2006:09:03 13:00:59,NIKON D200, シャッター優先, F8.0(50,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ホタテウミヘビ

 アナゴの仲間かと思ったけど帰って調べたらウミヘビの仲間ということ。潜っているウミヘビ を見たのは初めてだからかなり感動してしまった。
  (2006:09:03 13:01:07,NIKON D200, シャッター優先, F9.0(5A,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ホタテウミヘビ

 見つけたときはエラぐらいまで砂から出ていたけど近づくとどんどん潜る。手で捕まえられる かなぁと思い手を伸ばしたらまったく見えなくなってしまった。
  (2006:09:03 13:01:11,NIKON D200, シャッター優先, F9.0(5A,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ミズヒキゴカイ

 これを見てゴカイだと分かる人は少ないかもしれない。結構普通にいる種類で甲子園浜にも 多く生息している。大倉海岸では数箇所で群生していた。ちなみに写真は1個体。
  (2006:09:03 14:18:09,NIKON D200, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

クサフグ

 アナアオサに隠れているつもりなのかフグが砂地でじっとしていた。
  (2006:09:03 14:19:11,NIKON D200, シャッター優先, F4.0(28,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

(不明)

 アナアオサが茂る中にぽつんと生えていた。何かは不明。
  (2006:09:03 14:20:26,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

(不明)

 海底には無数の穴が開いていた。テッポウエビのようなエビなのかカニなのかは不明。 また本来は砂に潜っているはずのアサリも生きているのがコロコロいくつも転がっていた。
  (2006:09:03 14:21:20,NIKON D200, シャッター優先, F8.0(50,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

(不明)

 穴の近くにハゼがいるのを発見。2回潜ってようやく撮影できた。とは言ってもピンボケ。 もう一度潜って撮影しようと思っていたのけど…あまりに小さいから場所を見失って撮れなかった。
  (2006:09:03 14:24:21,NIKON D200, シャッター優先, F6.0(3F,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

カワハギ

 海底付近を泳いでいたら1cmちょっとの稚魚の群れがいることに気がついた。
  (2006:09:03 14:26:38,NIKON D200, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

カワハギ

 まだ小さいだけあって向こうが透けそうなくらいに薄かった。
  (2006:09:03 14:27:17,NIKON D200, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ニジギンポ

 アナアオサとアマモが混在している場所でゆったり泳いでいたニジギンポ。
  (2006:09:03 14:29:11,NIKON D200, シャッター優先, F5.0(32,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ホタテウミヘビ

 さっきとはまた別の場所で潜っているウミヘビを発見。
  (2006:09:03 14:42:25,NIKON D200, シャッター優先, F8.0(50,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

ホタテウミヘビ

 またしばらく撮り続けて最後には手でつかもうとトライ。でもやっぱり捕まえることは できず砂の奥深くへ潜ってしまった。
  (2006:09:03 14:42:29,NIKON D200, シャッター優先, F8.0(50,A), 10/3200, 0.0, ISO400, 60mm)

カテゴリー「甲子園浜の水中」 のエントリー