淡路島北部(2006年8月25日)


カワハギ

 海に入って初めて目に入ったのがこのカワハギ。1~2ヶ月前には2~3cm程度の稚魚だったが 8cm程度まで大きくなっていた。もう1ヶ月もしたらカワハギ釣りに最適なサイズになりそうな予 感。
  (2006:08:25 16:50:09,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

ボラ

 そして多く目についたのがボラ。大群で一心不乱にテトラポットに付着している藻類などを 食べていた。
  (2006:08:25 16:50:52,NIKON D200, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

クサフグ

 これも数センチの大群。7月上旬の大潮の日に産卵されて生まれてきた稚魚なのかな?
  (2006:08:25 16:51:18,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

ヨメガカサ

 今日泳いだのは前回に引き続き淡路島の明石海峡大橋の真下。この付近は人が泳がないからなのか テトラポットに大き目の傘貝が多くいた。でもこの種類のカサガイは獲ったところで身が少なくて 食べるところがないんだけど…
  (2006:08:25 16:52:35,NIKON D200, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

マダラハナギンチャク

 結構大き目のイソギンチャク。両手いっぱいぐらいの大きさかな?触手を大きく広げていた。
 海底は泥地。ものすごくふわふわしていて、ちょっと掘るとヘドロが舞い上がる。環境的には 非常に悪いが生物は多い。
  (2006:08:25 16:53:53,NIKON D200, シャッター優先, F4.0(28,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

キュウセン

 ここ数ヶ月でカワハギも大きくなったが、それ以上に育ちまくっていたのがこのベラ。大きいものでは20cm ぐらいのもいた。
  (2006:08:25 16:54:12,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(23,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

カラマツガイ

 テトラポットにへばりついたままの状態で産卵していた。
  (2006:08:25 16:57:05,NIKON D200, シャッター優先, F4.0(28,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

カラマツガイ

 これが卵塊。渦巻状に産み付けられているけど、ぐるぐる回りながら産卵しているのかな? 長時間観察したら回っている姿を見れるかも。写真に撮りたい気はするけど…水中でどうやっ てカメラを固定したままにしておくかが思いつかないなぁ。
  (2006:08:25 16:57:17,NIKON D200, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

カラマツガイ

 上の写真の一部を拡大したところ。寒天状の中に粒々した卵がいっぱい詰まっている。
  (2006:08:25 16:57:17,NIKON D200, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

オヤビッチャ

 熱帯魚ちっくな魚発見。今日見た唯一のカラフルな魚?
 死滅回遊魚の1種。南の海で生まれた稚魚が黒潮に乗ってここまで泳いできた。この先、秋までは生きて いけるが、冬になって水温が下がると死んでしまう。
  (2006:08:25 16:58:19,NIKON D200, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

イソバナ

 テトラポットの下面に群生していた。鮮やかな赤色をした珊瑚の1種。
  (2006:08:25 17:00:25,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

タマシキゴカイの卵塊

 海底からゴミ袋のような粘膜が出て漂っていた。1つ、2つではなく結構な数があった。これはゴカイの 卵の塊らしい。
  (2006:08:25 17:04:53,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

クツワハゼ

 テッポウエビの巣穴の前で小さなハゼが2匹休んでいた。大きさは2~3cmかな?海底近くを慎重 に泳いで撮影。今日は寝不足だったけど体調がよくて、長時間潜っていられたから魚を横から見た 写真を多く撮れた。
  (2006:08:25 17:06:15,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

ハオコゼ

 海底付近を泳いでいるとオニオコゼ(ガシラ)やらハオコゼを多く目にした。ガシラはこっちが 気がつく前に泥を巻き上げて泳ぎ去っていくことが多かったが、ハオコゼは近づいても全然 逃げようとしない。
  (2006:08:25 17:07:46,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO640, 60mm)

メバル

 メバルも一回り大きくなっていた。1ヶ月前までは大きな集団で泳いでいたが、集団の仲間が ほかの魚に食べられてしまったからなのか、群れは小さくなっていた。
  (2006:08:25 17:11:14,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

サラサエビ

 テトラポットの陰に海老の集団がいた。ほかのテトラポットには全然エビの姿は見えなかったが、 このテトラポット周りだけはものすごい数が潜んでいた。
  (2006:08:25 17:13:03,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

サラサエビ

 このエビが潜んでいたのは水面から50cmぐらいのところ。水面に浮かんだままでは深すぎて撮影 が難しいし、潜って撮ろうと思っても海面に近すぎてうまくいかない。この中途半端な水深に悩まされ ながらシャッターを切った。しかし…思った通り失敗。ピントがジャスト合っているのはなかった。
  (2006:08:25 17:14:38,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

カレイの1種

 海底付近を泳いでいたら泥に潜ったカレイを見つけた。手のひらよりもちょっと小さいぐらいの 大きさ。
  (2006:08:25 17:16:57,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

カレイの1種

 寄っても逃げそうもなかったからどんどん近づいて真横から撮影。カレイが泥をかぶっているから よく分からないのが残念。
  (2006:08:25 17:17:03,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

ウリクラゲ

 泳いでいるとなかなか目が向かない水面。注意しているとイカや魚を見かけることが多いが、 今日はそれらは全然いなかった。そんな中唯一(?)漂っていたのがクラゲ。鏡のような水面に 接触しながら泳いでいた。
  (2006:08:25 17:17:54,NIKON D200, シャッター優先, F4.0(28,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

ボラ

 正面から中くらいのボラが迫ってきた。ちょっとシャッターを切るのが遅れてしまったのが 残念。もう少し速ければ真正面から撮れたにに。
  (2006:08:25 17:18:33,NIKON D200, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

ボラ

 こっちは真横から撮れたボラ。
  (2006:08:25 17:18:36,NIKON D200, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

ツメタガイ

 数は少なかったもののツメタガイの卵塊が海底に残っていた。 この辺りも掘ればアサリとかいるのかなぁ。
  (2006:08:25 17:19:22,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

ミズヒキゴカイ

 テッポウエビの巣穴付近でミズヒキゴカイが頭を覗かせていた。テッポウエビはこっちが潜ると すぐに巣穴に隠れてしまうのでまったく姿を捉えることはできなかった。やっぱりこういうときは タンクを背負っていると楽だよなぁ。
  (2006:08:25 17:19:28,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

カワハギ

 小さいときは警戒心の欠片もなかったカワハギも大きくなるにしたがってよく逃げるように なってきた。とは言うもののほかの魚に比べると全然逃げない方だけど…
  (2006:08:25 17:21:47,NIKON D200, シャッター優先, F3.0(20,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

クロメジナ

 明石海峡大橋付近にはメジナ(グレ)がたくさん泳いでいる。大きさも大小さまざま。だけ どあまりグレ釣りをしている人は見かけない。もしかしたら穴場なのかも?ちなみに今日はこ の後、海から上がってからは釣り。サビキで20cm弱のアジを44匹釣って帰った。
  (2006:08:25 17:25:49,NIKON D200, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/3200, 0.0, ISO1000, 60mm)

カテゴリー「甲子園浜の水中」 のエントリー