淡路島北部(2006年6月20日)


キュウセン

 「ベラ」と呼ばれる魚。海に入ったらまずこの魚が目に入った。 今日は岸から2メートルぐらいの範囲で多く見かけた。
  (2006:06:20 15:02:48,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(32,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

キュウセン

 まだ6月ということもあり、海の中は海藻だらけ。さらに透明度 も低かった。
  (2006:06:20 15:02:49,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

キュウセン

 キュウセンは性転換をする魚で青ベラと赤ベラに分けられる。 これらのベラは刺身で食べると油の乗り方と味に若干だが違いが見て取れる。
  (2006:06:20 15:02:51,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(32,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

ホンベラ

 ワカメが残った区画でゆらゆら泳いでいた。
  (2006:06:20 15:03:03,NIKON D70, シャッター優先, F3.0(21,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

マヒトデ

 今日はマヒトデを2個体見つけた。西宮の鳴尾浜では今年このヒトデが大量 に発生している。見ていて気持ち悪いぐらいいた。
  (2006:06:20 15:06:40,NIKON D70, シャッター優先, F3.0(23,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

メバル

 2~3cm程度に育った稚魚がたくさん泳いでいた。
  (2006:06:20 15:07:53,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(32,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

メバル

 今日のベストショット?正面を向いたところを撮れた。
  (2006:06:20 15:07:58,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

ウミタナゴ

 おなかを大きくした10~20cmサイズのウミタナゴも複数泳いでいた。 ウミタナゴは卵胎生なので、おそらくおなかの中には小さい稚魚が詰まって るんだろうなぁ。
  (2006:06:20 15:08:36,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(28,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

(不明)

 海藻に乗っている魚を発見。
  (2006:06:20 15:08:53,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(32,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

(不明)

 模様や色が海藻とそっくりなので遠目から見るとどこにいるのかよく分からない。
  (2006:06:20 15:08:55,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(32,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

アイナメ

 この時期の根魚釣りの代表種の1つ。淡路島ではテトラポットの陰などで 泳いでいる姿をよく見かける。大阪では「アブラメ」と呼び、特にこの時期の 小さいものは「アブ新」(アブラメの新子)と言われる。
  (2006:06:20 15:09:36,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

アイナメ

 上の写真の頭部をトリミングしたところ。
  (2006:06:20 15:09:36,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

アイナメ

 シュノーケリングで撮影するとどうしてもこの手の魚は真上からの 写真になってしまう。模様が見えるのはこうやって泳ぐ進路を変えたとき だけなのが悲しい。
  (2006:06:20 15:09:38,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

アメフラシ

 アイナメがアメフラシのすぐそばを泳ぎぬけた。沖縄では海底にナマコが大量 に転がっているが、淡路島ではそれと同じぐらいの密度で大量にアメフラシが 歩き回っている。
  (2006:06:20 15:09:47,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

キュウセン


  (2006:06:20 15:10:35,NIKON D70, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

クロダイ

 大阪では「チヌ」と呼ばれる釣りの対象魚。この個体は20cmぐらいの小さい ものだが、ワカメの間から50cmサイズのが目の前1メートルぐらいのところから 自分のほうに向かって泳いできたときは驚いた。
  (2006:06:20 15:15:18,NIKON D70, シャッター優先, F6.0(3F,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

ワカメ

 4月、5月にはものすごく生い茂っていたワカメも岸辺近くに少し生えるだ けになった。ワカメは沖側から消えていくのかな?
  (2006:06:20 15:16:17,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

ワカメ

 この時期になると先っぽから溶けてなくなっていく。老いたメカブ部分だけ のワカメも多く見かけた。
  (2006:06:20 15:16:19,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

(不明)

 ワカメに変わってこの時期に優先種になった海藻がこれ。長さ3メートルぐらいで 岸辺から海面にかけて生えている。泳いでいるとこれが首にからまったりしてかなり うざったい。
  (2006:06:20 15:16:41,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

 海藻の周りは稚魚の宝庫。海藻に隠れてたくさんの稚魚が泳いでいた。
  (2006:06:20 15:25:09,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)


  (2006:06:20 15:25:32,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

スズキ

 今日泳いでいて一番驚いたのがこの魚に出会ったとき。この個体は60cmぐらい の大きさ。これでも結構大きいが、60cm、70cm、100cmぐらいの大きさの個体も 泳いでいた。1メートルサイズのはすぐに泳ぎ去っていったが、海中では陸上よりも 物が大きく見えるから1.5メートルぐらいの大きさに見え、こっちが怖くなるような サイズだった。
  (2006:06:20 15:20:48,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

スズキ

 上と同じ個体。この個体は5分以上私の周りをぐるぐる回りながら泳いでいた。ち なみにスズキを見かけた場所の水深は1.5メートルもないような浅いところ。
  (2006:06:20 15:24:09,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

クサフグ

 5cm程度のかわいい河豚が泳いでいた。
 今月上旬に舞子でサビキ釣りをしたときはこいつが2匹かかった。この辺りには 結構多く住んでいる。
  (2006:06:20 15:27:02,NIKON D70, シャッター優先, F3.0(23,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

ウミタナゴ

 何気に臆病なのがこのウミタナゴ。姿を確認してもカメラを向けるとすぐに 逃げて行く。数は多く泳いでいたがなかなか写真を撮ることはできなかった。
  (2006:06:20 15:28:02,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(32,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

メジナ

 小さいときも大きくなっても群れで泳ぐメジナ。大阪では「グレ」と呼ばれる。
  (2006:06:20 15:28:20,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

 今日はメジナの群れを2回見かけた。どちらも岸から1~2mの距離で泳いでいた。
  (2006:06:20 15:28:21,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

 数センチサイズの小さい稚魚は本当にたくさん泳いでいた。スズキとかは 餌に困らないだろうなぁ~。
  (2006:06:20 15:30:57,NIKON D70, シャッター優先, F7.0(47,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

カブトクラゲ

 小さいクラゲが目の前を漂っていた。
 淡路島もクラゲの多い時期は本当に多いが、今の時期は非常に少ない。
  (2006:06:20 15:36:47,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(2D,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

サンショウウニ

 この地域ではウニの姿はあまり見かけない。久々に見た気がする。
  (2006:06:20 15:39:28,NIKON D70, シャッター優先, F3.0(21,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

カイメンの1種

 岩に鮮やかな黄色をしたカイメンが付着していた。
  (2006:06:20 15:40:39,NIKON D70, シャッター優先, F3.0(21,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

ボラ

 ボラが地面に食らいついて藻類などを食べている。このボラは20cmぐらいは あるものだったが、このサイズがこうして食べるところを見るのは初めて。こ のサイズはただ泳いでいるだけのことが多い。
  (2006:06:20 15:42:36,NIKON D70, シャッター優先, F3.0(23,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

クロダイ

 チヌクロダイ)もかなり臆病で見かけることは多かったがなかなか撮影 できなかった。この写真も逃げていくところをなんとか撮影した。
  (2006:06:20 15:44:32,NIKON D70, シャッター優先, F4.0(28,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

メジナ

 泳ぐのをやめて岸に戻ろうかというときにメジナの群れに遭遇。
  (2006:06:20 15:47:41,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

メジナ

 全部で15匹ぐらいの群れだった。
 ストロボを炊いた写真で色補正を強くかけたような青い色合いになっている がストロボは使っていない。水深も1メートル程度。
  (2006:06:20 15:47:59,NIKON D70, シャッター優先, F5.0(38,A), 10/2500, 0.3, ISO400, 60mm)

カテゴリー「甲子園浜の水中」 のエントリー