甲子園浜の水中(2004年08月01日)


 前日の2004年7月31日はものすごい青潮で甲子園浜の海はエメナルドグリーンに輝いていた。その翌日、 8月1日に甲子園浜へ。水面からはあまり分からなかったが、水中ではゴカイやアサリ、カニの死体が大量 に漂っていた。
 この写真にハゼとともに写っているのはその漂っていたゴカイの死体。
  (2004:08:01 14:37:46,NIKON D70, 絞り優先, F5.0(32,A), 10/20000, 0.0, ISO1250, 105mm)

 また目に見える変化は無数に漂う死体の数だけではなかった。生きているアサリも酸素不足からなのか 砂の中から姿を出して波に揺られていた。
  (2004:08:01 14:17:16,NIKON D70, 絞り優先, F5.0(32,A), 10/8000, 0.0, ISO1250, 105mm)

 右手前に見える貝は岩などにくっついていることが多いがこれも漂っていた。さすがにこれは青潮の 影響ではないだろうが。
  (2004:08:01 14:37:47,NIKON D70, 絞り優先, F5.0(32,A), 10/8000, 1.3, ISO1250, 105mm)

 甲子園浜にはイカの甲もよく落ちている。甲子園浜でイカの泳ぐ姿を見てみたいものだ。
  (2004:08:01 14:54:11,NIKON D70, 絞り優先, F5.0(32,A), 10/25000, 0.0, ISO1250, 105mm)

カテゴリー「甲子園浜の水中」 のエントリー