PSoC ExpressでLEDを点滅させる


psoc_blingled01.gif
今回は「LEDを点滅させる」だけのプロジェクトを作る。使うのは今回も無料の開発ソフトCypress PSoC Express 2.2。

_DSC8929.JPG
動作確認にはCypressの評価キットに含まれる「CY3210-MiniEval1」を利用する。この基板には4つの超小型LEDが実装されているが、今回はこのうち1つ使う。

_DSC8931.JPG
PSoCデバイスには「CY8C29466-24PXI」を利用する。500円程度で売られているデバイスだ。


psoc_blingled02.gif
PSoC ExpressにLEDモジュールを配置する。光を放つLEDは出力デバイスなので画面左下の「OUTPUT1」をクリックする。

psoc_blingled03.gif
するとデバイス選択画面が開く。ここで「Display」の「LED」「Single Color」から「On/Off with blink」を選択する。これは文字通り"LEDの点滅"をサポートするものだ。

psoc_blingled04.gif
右側の画面で点滅に関する設定を行う。初期値(Initial value)から「BLINKING」を選択する。この設定をおこなっておかないとPSoCを動かしてもLEDは点滅しないので要注意。

点滅周期(BlinkRate)では点滅周期を設定できる。「On/Off with blink」では0.25~4Hzの範囲で設定できる。ここではデフォルトの1Hzのままにしている。

psoc_blingled05.gif
今回はLEDを点滅させるだけなのでこのままプロジェクトをBuildする。

psoc_blingled06.gif
デバイスの選択画面では「CY8C29466, 28-Pin」を選択する。

psoc_blingled07.gif
ピンアサインを決める画面が開いた。今回利用するMiniEvalの基板はP20~P23にLEDが用意されている。そのためLEDが実装されているポートを「Output1」に割り当てる。

psoc_blingled08.gif
ピンの割り当てを変更するには、変更したいピンをドラッグ・アンド・ドロップすればいい。

psoc_blingled09.gif
これで出力がLEDを備えるP23(P2[3])に割り当てられた。「Next」ボタンを押してビルドする。

psoc_blingled10.gif
これでビルドが行われHEXファイルが生成される。

_DSC8932.JPG
正常にビルドが済んだら、USBケーブルをMiniprog経由でMiniEvalへ接続する。

psoc_blingled11.gif
そして「Program」をクリックする。

psoc_blingled12.gif
PSoC Programmerが起動したら「Program」をクリックしてPSoCへ書き込む。

psoc_blingled13.gif
正常に書きこまれたら「Toggle Device Power」をクリックしてPSoCへ書き込んだプログラムを実行させる。

_DSC8935.JPG
きちんとプロジェクトを作っていれば、基板上のLEDが1Hz周期で点滅する。



カテゴリー「電子工作」 のエントリー