5V電源から30Vへの昇圧

特徴

 ROMライタの書き込み電圧や液晶モジュールの液晶駆動電圧などに使うことが可能。
 数mA程度しか取れない。

 ここでは秋月電子で2003年5月現在販売されている5.5インチ パッシブカラー液晶 モジュールLM32C041というシャープ製の320×240ドット512色同時発色のLCDパネル用の 液晶駆動電圧のために設計している。


方法

 NE555などのタイマICをコッククロフト・ウォルトン回路に接続することによる方法や、 MAX629のように専用の昇圧ICを用いる方法などがある。しかし、NE555を用いる方法ではコ ッククロフトの段数が多くなり煩雑であり、MAX629は入手に難がある。

 今回は秋月電子で2003年5月現在販売されているMAX662Aとコッククロフト回路を組み合わ せる方法を取る。このICは5Vから+12V 30mAを得るためのチャージポンプDC-DCコンバータと して販売されている。


回路


   コンデンサは1.5μF積層セラミック、ダイオードは1S1588

 この回路はMAX662Aのデータシートを参考にしながら適当に組んでいる。そのため30mAどこ ろか10mAも取ると一杯いっぱいになる。規格通りの性能を引き出したい場合はコンデンサ容量 を適切なものに変更すること。また下手なデザインで基板を起こすと発振を起こし大量のノイ ズが発生するので注意すること。今回はオシロスコープが手元にないのでリップルなどの確認 はしていない。






カテゴリー「電子工作」 のエントリー