DinopSearchBarの検索エンジン設定

はじめに

 DinopSearchBarではユーザーが好みに応じて検索エンジンの数や種類、順序などを変更 できます。

 柔軟な検索エンジン設定ができるようにXMLを利用しています。しかし現在のバージョンでは 設定用のツールを用意していません。そのため設定変更にはXMLの知識が必要です

 XMLの記述書式は米Amazon.com子会社A9.comが作成した標準規格「OpenSearch」に準拠してい ます。
※OpenSearchについての詳細は公式サイト「http://opensearch.a9.com/」 を参照してください。


検索エンジンXMLの位置

 検索エンジンのXMLファイルは標準状態で「C:\Program Files\dinop\DinopSearchBar\engines\」 フォルダ以下に配置されています。
 この場所はツールバーのデザイン用XMLにより任意の場所に変更できます。詳細については 「DinopSearchBarのツールバー設定」 を参照してください。


XML例

 Googleで検索するためのXMLは以下のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="SHIFT-JIS"?>
<OpenSearchDescription xmlns="http://a9.com/-/spec/opensearch/1.1/">
  <ShortName>Google</ShortName>
  <Description>検索界の最高峰(日本語可能)</Description>
  <Tags>Google</Tags>
  <Contact>http://www.google.co.jp/</Contact>
  <TopURL>http://www.google.co.jp/</TopURL>
  <InputEncoding>UTF-8</InputEncoding>
  <Url type="text/html" template="http://www.google.co.jp/search?q={searchTerms}&amp;hl=ja&amp;lr=&amp;num=100"/>
</OpenSearchDescription>


 「ShortName」タグは検索エンジンの名前を指定します。これは検索ボタン名、メニュー項目名、 ツールチップの1行目に利用される文字列です。
 「Description」タグは検索エンジンの解説を指定します。これはツールチップの2行目以降に利用される 文字列です。
 「Tags」タグ、「Contact」タグは利用していません。
 「TopURL」タグは検索エンジンのホームページURLを指定します。これは検索語入力欄に何も 入力されていない状態のときに開くURLです。OpenSearchで定められていないDinopSearchBarの 拡張タグです。
 「InputEncoding」タグは検索語のエンコード種別を指定します。「UTF-8」、「UTF8」、「SJIS」 、「EUC-JP」などから指定します。
 「Url」タグは検索用URLを指定します。「{searchTerms}」部分に入力された検索語が挿入されます。



メニュー表示順序

 検索ボタンのドロップダウンメニューに項目を表示する順序はファイル名とフォルダ名で指定します。

 検索エンジン用XMLのファイル名は順序を指定する以外には利用されません(メニューの項目名は「ShortName」 タグの内容が利用されます。)。メニューに表示するときにはファイル名を昇順に並び替えて、その順序に 表示します。

 ポップアップメニューはXMLを保存するフォルダによって作成されます。ポップアップメニュー名は フォルダ名が利用されます。ただし、フォルダ名の最初の3文字が"半角数字2文字+半角スペース"の場 合は、それを除去したフォルダ名がポップアップメニュー名になります。順序の指定は適宜数字を変更 することによって行います。


OpenSearch XMLの他アプリでの利用

 標準で用意されているOpenSearch用XMLファイルはDinopSearchBar用に作成されたものです。ほかの アプリケーションでの利用は考慮されていません。

 アプリケーションによってはXMLがUTF8で記述されていないとNGであったり、と問題が生じる可能性が あります。

カテゴリー「DinopSearchBar」 のエントリー