DinopSearchBar ~ 詳細解説? ~

【 はじめに 】

 このページではパソコンに詳しい方向けに「DinopSearchBar」の情報を紹介したいと考え ています。項目的には

・検索エンジンリストに関する情報
・インストール時に保存される情報
・アンインストール時に除去されない情報
・内部処理に関する情報
・レジストリに関する情報
・バグに関する情報
  ...その他、思いついた情報です。中には「その方法はまずいんじゃない?」とか いうものも出てきます。ですが、できるだけこの場で書けたらと思っています。
 順次変更及び追加をしますが、更新履歴は取らない予定です。

 またユーザーの方から寄せられた情報や現在私が使用しているDinopSearchBar用のツール を紹介したいとも思います。

 このページに関する質問その他はコメント欄もしくは mail でお願いします。



【 検索エンジンリスト 】


 isseiが使用している編集ツールの1つです。まだ 未完成で、作られていない機能も多いですがとりあえずDinopSearchBarに用意されている 編集機能よりは便利なため使用しています。
 さらにこちらはmini用検索エンジンカスタマイズツール です。しばらく前から使っているのでプログラム的な不具合はないと思います。このツー ルでカスタマイズできるのはmini Ver1.10までです。mini Ver1.11からは こちらになります。こちらはまだ作成途中の ため行えるのは検索エンジン情報の変更と新規作成のみです。カテゴリに関する操作はで きません。
 これらのツールの再配布は禁止です。
 今後のバージョンアップは不明ですが、拡張して最終的にはDinpSeachBarに組み込みた いと考えています。
 ひょっとしたらDinopSearchBarよりもこっちの方が検索を楽にできる?...ようになる かもしれません。


 検索エンジンリストは「EngineList.dat」という名前のファイルです。

 インストール時は「c:\Program Files\dinop\dinopsearchbar」(以下Program Files) に保存されます。インストール後Internet Explorerを起動すると「C:\WINDOWS\Application Data\dinop\dinopsearchbar」 (以下ユーザーフォルダ)へコピーします。このフォルダ名はマルチユーザー環境ではユー ザー毎に異なるフォルダになります。

 検索エンジンリストファイルには独自のバージョン情報が保存されています。このバージ ョン情報を参照し、新しいリストがProgram Filesにある場合にはユーザーフォルダに新しい ものを上書きします。同じか古い場合には上書きは行なわれません。


 検索エンジンリストファイルはVer1.39の時点ではテキストファイルとして保存されてい ます(今後バイナリファイルに変更する予定です)。
 検索エンジンリストファイルをメモ帳などのテキストエディタで開くと以下のようにな っています。
001: ;130
002: [Google
003: #全般
004: !検索界の最高峰(日本語可能)
005: $1
006: 1http://www.google.co.jp/search?q=
007: 2&hl=ja&lr=&num=100
008: [Google Japan
009: #全般
010: !Googleで日本語のホームページを検索(日本語可能)
011: $1
012: 1http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&safe=off&q=
013: 2&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja
     ※「001: 」などは行番号を示します

 1行目がバージョン情報です。必ず";"から始め2文字目に数字を置きます。この情報は 1行目にある必要があります。1行目以降に書いた場合には無効です。
 この次の行からは順次検索エンジンに関する情報が行単位で入力されています。
 検索エンジンの情報は2文字目からです。1文字目は情報のID文字になります。
   [ : 検索エンジン名
   # : カテゴリ名
   ! : 解説
   $ : エンコード種別
   1 : URL1
   2 : URL2
 基本的にこれらの情報が書かれている行が前後していても構いません。また省略も可能 です。しかし、URL2は必ず検索エンジン情報の最後に置く必要があります。つまり内部的 には1文字目に"2"とい文字があったら始めて登録処理をしています。それまでは何も行な いません。

 ・エンコード種別は
    0:RAW		エンコードなし
    1:SJIS		従来のエンコード
    2:UTF-8	UTF-8
    3:JIS		(作成中)
    4:EUC		(作成中)

 ・検索エンジンの表示優先順位はファイルに現れた順です。
 ・解説は80bytes以上入力可能だが、表示するのは80bytesまで。漢字が分断され文字化
  けする可能性あり。

 DinopSearchBar付属のツールで検索エンジンの編集を行なった場合には、変更はユーザ ーフォルダ内のリストにのみ保存しています。



【 インストールファイル 】

 DinopSearchBar.dll
     DinopSearchBar本体
 EngineList.dat
     検索エンジンリスト
 license.txt
     使用許諾契約書
 readme.txt
     リードミー
 Setup.exe
     セットアップ及び環境設定
 test.html
     ダミーhtmlファイル

 これらはProgram Filesに保存されます。
 中でも複雑なのはSetup.exeです。
    /station		駅名編集
    /histry		検索履歴編集
    /general		環境設定
    /shortcutkey	ショートカットキー編集
    /engine		検索エンジン編集
    /skin		スキン編集
 以上のオプションがあります。2つ以上オプションを付けた場合には上に挙げた順序で 優先順位が割り振られ1つのみ実行されます。違うオプションを付けたSetup.exeは多重 起動しますが、同じオプションを付けた場合には多重起動しません。また、ファイル名 をSetup.exe以外にすると誤作動することがあります(アルファベットの大文字小文字の 区別はしません)。
 オプションをつけなかった場合にはセットアップが起動します。


カテゴリー「ダウンロード」 のエントリー