地図データ保存フォルダの切り替え方法

map000.png
DinopMapViewerで利用できる地図データはNaviComputerに含まれるNaviMapperを利用して入手します。

map001.png
NaviMapperでダウンロードしたnmap形式の地図データファイルとPOIファイルを1つのフォルダに保存します。

map002.png
DinopMapViewerを起動して、画面上で右クリックして現れるメニューにある「ツール」から「地図ファイル選択」を選択します。

map003.png
すると地図ファイルを選択するウインドウが開きます。ここで先程の地図データを保存したフォルダー内の地図データを指定します。このとき指定する地図データファイルはどれでも構いません。この操作により指定したファイルと同じフォルダにある地図データがすべて開かれます。

map004.png
これで地図データが開きました。

map005.png
とは言うもののPOIデータのフォルダ指定が自動では反映されないため、一度DinopMapViewerを終了します。

map006.png
次回起動時から地図データのフォルダ内にあるPOIファイルが読み込まれてPOIの表示が可能になります。

map007.png
地図データは衛星写真のものも利用でき、(nmapファイルがあれば)任意に表示地図形式を切り替え可能です。指定した形式の地図データのnmapファイルがない場合は、ほかの形式の地図データを参照して表示します。


カテゴリー「DinopMapViewer」 のエントリー