ToUCam Pro...

 PhilipsのToUCam Proを買った。天文関係では相当有名なWEBカメラ。ほかの人のホームページを見ると、こいつで撮った火星とか土星が最高に綺麗。で、こいつを買って俺も...と思ったわけ。
 届いたからとりあえず中を見てみよう!ってことで分解開始...すると!なんだこれは!CCDはスルーホールで半田付けされているのではなくフラットにつけられている!QCamPro4000と違ってこれなら簡単に取れるぞ!ってことでなぜか半田ごてを使って取り外してしまった。
 使われていたCCDはSONY ICX098BQ、ICX098AKじゃないでやんのラッキー!で、せっかくだから今後ペルチェで冷却CCD改造することを考えて取り外したCCDはリード線で接続。線が長いとノイズを拾うけどそんなん無視。
 せっかく半田ごてまで出したんだから...ってことで次は長時間露出改造をすることに。ToUCam Proは露出時間が最長で1/5秒ぐらいしか取れないから、それを改造して何分、何時間も露出ができるようにね。この改造をすると惑星だけじゃなくて星雲・星団の写真も撮れるようになるので。で、74HC00のフラットパッケージを引っ張り出してきてCCD基板に半田付けして配線、配線。D16510の1mmもないピン間隔のとこに半田付けするのなんて嫌になって投げ出したくなりながら。
 で、そうこうしているうちに完成!テストは...うまくいったのかどうかよくわからなかった。CCDのプリアンプを切らないとだめだな。確か9ピンをカットするだけだから数秒でできるけど面倒だから今日はこれまで。

カテゴリー「日記」 のエントリー