アイ・アム・サム

 あ~ぁ。今まで2002年、俺の中で1位を張ってた広末の「WASABI」がついに陥落。今年1位は「アイ・アム・サム」だな。 アイ・アム・サムを観た。いつものごとく今日じゃないけど。
 7歳程度の知能しかないサム。そのサム1人に育てられるルーシーが赤ん坊からしだいに大きくなり小学校に入学。そしてあるときルーシーはサムよりも"賢く"なり、ソーシャルワーカーはそのことが「子育てにマイナス」と判断。サムのもとからルーシーが奪われようと...ビートルズ ナンバーに彩られた感動の名作。
 前評判はめっちゃいいしとにかく”感動”って言葉をよく耳にしてた映画。紹介でよく「これは泣ける映画だ」って言われたりするのがあるけど、実際に観てみると「この映画のどこで泣けってんだよ!!」って叫びたくなるようなのばっか。でもアイ・アム・サムは泣けた。まじで。これで泣かなきゃ人間じゃないだろ。あぁめっちゃいい映画だよ。やっばいぐらいに。


カテゴリー「日記」 のエントリー