Exifファイルのナゾ

 始めFUJIFILM純正のツールで取り出した情報を使ってテーブルを作ったんだけど、ジツはこのツール嘘つきってことに気づきやり直す羽目になったり。まったく疲れた。 デジカメで撮った画像ファイルには撮影日時やら絞りとかシャッタースピードとかの情報がExifっていう形式で保存されている。昨夜、これを取り出せないかな、と思って情報抽出用のツールを作った。
 でもどうも保存されている値を見るとシャッター速度にせよ絞りの値にせよ、デジカメで設定できない値が保存されている。例えば、レンズはF2.8~F32なのにF38っていう情報が入っていたり、シャッター速度も1/100秒っていう設定できない値が入っていたり...何がどうなっているのかサッパリ。しようがないから「この設定で記録するとこういう値が格納されている」っていうテーブルを作った。こんなくだらない作業に10時間近く使ってるし。

カテゴリー「日記」 のエントリー