DTPソフト

 ようするにExcelで作ったグラフを貼り付けたくてもそのままじゃ貼り付けることができず、画面をキャプチャするか何かして画像に落としてそれを使わなければならない。はぁ。使えなさ過ぎ。いいソフトだと思ったのになぁ。結局のところAdobe PageMakerの方がはるかにいいってことだな。 Adobe InDesign 1.0Jというプロ向けのDTPソフトを使う機会があった。どんなモンなのかなと思ってせっかくだから実験のデータをこのソフトでまとめてみようと1日ガンバッタ...
 InDesignには小塚明朝体とかいうOpenTypeFontが入ってたり、欧文と和文で文字サイズを微調整できる合成フォント機能があったりと見た目にはこだわれるんだけど、やっぱり使えない。その使用目的が「業務印刷」にあるから、マシン環境が違っても同じように印刷できるように作られてるが故に、Windowsソフトの機能、OLEオブジェクトの貼り付け的なことができない!やろうと思ったら市販のプラグインを買ってくるか自分で開発しなければならないようだ。

カテゴリー「日記」 のエントリー