スルメイカの塩辛


 胴の長さが20cm以上のスルメイカが2匹(2杯)で350円。たまにはスルメイカもいいかな? と思い購入。
  (2006:01:13 17:20:26,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 1.3, ISO200, 105mm)

 小さいまな板からはみ出るこの大きさ。1匹はイカの丸焼き、もう1匹は刺身&塩辛にする ことに。ちなみにスルメイカは塩辛にするとおいしいがコウイカはあんまりおいしくなかった。
  (2006:01:13 17:43:59,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 1.3, ISO200, 55mm)

 胴と足の間に指を突っ込んで胴と足の部分を分離させる。
  (2006:01:13 17:44:41,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 0.0, ISO200, 55mm)

 すると内臓が付いた状態で足の部分がするっと抜ける。
  (2006:01:13 17:45:58,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 0.7, ISO200, 55mm)

 内臓と足の部分を分離する。本当はもっと考えて行うべきだが、適当に目の上に包丁 を入れて切ってしまってもOK。あまりに適当だから内臓が傷ついてしまうのだが…
  (2006:01:13 17:46:10,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 0.0, ISO200, 55mm)

 取り出した内臓には小さな墨袋や厚い皮、場合によってはスルメイカの卵が付いて いるが、それらを取り去って茶色い部分だけの状態にする。
  (2006:01:13 17:53:30,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 1.3, ISO200, 55mm)

 茶色い内臓に塩をたっぷり振り掛ける。
  (2006:01:14 15:35:34,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 1.0, ISO200, 55mm)

一晩(12時間程度)冷蔵庫に保管する


 塩を振った内臓をさっと水で洗って塩を流し落とす。イカから取り出したときは鮮や かな茶色だった内臓が暗い茶色に変色している。
  (2006:01:14 15:36:37,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 0.3, ISO200, 55mm)

 内臓は水分が抜けて硬くなっている。これを容器に入れて箸を使ってほぐす。できる だけ細かくペースト状になるまでやる。
  (2006:01:14 15:37:51,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 1.7, ISO200, 55mm)

 内臓が液状になったらイカの刺身を入れる。
  (2006:01:14 15:40:36,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 1.0, ISO200, 55mm)

 最後にかき混ぜる。この状態で2日ほど冷蔵庫で熟成をさせ、3日後から食べる。 調味料などを入れていないので市販の塩辛とは異なりちょっと生臭さもあるがおいしく 食べれる。
  (2006:01:14 15:41:44,NIKON D70, 絞り優先, F4.0(28,A), 10/600, 0.3, ISO200, 55mm)

カテゴリー「変な料理の作り方」 のエントリー