エイの唐揚げ


 灘駅と六甲道駅の間にある市場でエイが売られているのを発見!アカエイなのか何エイなのかは わからないけど、1匹600円という安値。
 魚屋のお兄さんに聞いてみたら「唐揚げか煮付けにするといい」とのこと。その場で下ろしてもらう こともできるが、自分でやってみたかったので丸ごと持ち帰ることに。とは言うものの、尾部には毒が あるので、ということで尻尾部分は切り落とされてしまった。
  (2004:01:26 16:53:54,FinePixS1Pro, オート, F6.7, 1/180, 0.0, 42mm)

 で、持ち帰ったエイの表面。
  (2004:01:26 18:32:38,FinePixS1Pro, オート, F3.3, 1/30, 1.0, 24mm)

 裏面。
  (2004:01:26 18:33:36,FinePixS1Pro, オート, F4, 1/60, 1.0, 24mm)

 下ろすときは裏面から包丁を入れる。
 口の下から肛門にかけて肝を傷つけないように包丁を入れ、エラの両側まで「Y」の字のように切る。
  (2004:01:26 18:41:48,FinePixS1Pro, オート, F4.8, 1/30, -1.2, 33mm)

 肝を取り出す。
  (2004:01:26 18:45:54,FinePixS1Pro, オート, F4.8, 1/45, 1.0, 33mm)

 取り出した肝。これも食べるので取っておく(食べるのは全部ではないけど、ここでは取り出した肝 全てが写っています)。
  (2004:01:26 20:50:45,FinePixS1Pro, オート, F4.8, 1/10, -1.2, 50mm)

 更に頭部を切り落とす。
  (2004:01:26 18:48:42,FinePixS1Pro, オート, F5.6, 1/30, 1.0, 33mm)

 切り落とした頭部。
 これはどうやって食べようか迷っているので冷凍中(2004年2月8日現在)。
  (2004:01:26 19:12:45,FinePixS1Pro, オート, F7.1(44000000,C000000), 1/15, 1.0, 59mm)

 半身は唐揚げに、もう半身と肝は煮付けにする。
  (2004:01:26 18:51:58,FinePixS1Pro, オート, F5.6, 1/30, 1.0, 33mm)

 唐揚げ用も煮付けようも半身を1口サイズにする。ウロコも小骨もないので何も気にせずにぶった切る。

  (2004:01:26 19:02:15,FinePixS1Pro, オート, F5.6, 1/30, 1.0, 33mm)

 ぶった切ったら、洗って血を落とす。
  (2004:01:26 19:35:49,FinePixS1Pro, オート, F5.6, 1/15, 1.0, 84mm)

 唐揚げの味付けは醤油か卵。本当はしばらく漬けておくといいんだけど面倒だからちょっと浸すだけ。
  (2004:01:26 19:36:26,FinePixS1Pro, オート, F4.8, 1/15, 1.0, 50mm)

 そして油で揚げる。
 2度揚げしてもいいし、一度揚げでもいい。
  (2004:01:26 19:36:04,FinePixS1Pro, オート, F4.8, 1/10, 1.0, 62mm)

 唐揚げの出来上がり。
 ウツボのようにムチムチしていておいしい。何よりも小骨がないのがうれしいところ。
  (2004:01:26 19:57:09,FinePixS1Pro, オート, F4.8, 1/20, 1.0, 50mm)

カテゴリー「変な料理の作り方」 のエントリー