核弾頭ヴォーテックス(上・下)

 南アフリカ内の黒人と白人の対立問題。金などの希少資源。テロ...ストーリー的には面白かったけど舞台があまり小説に出てこないアフリカなだけに何か読みづらかった。
文春文庫
  
ラリー・ボンド

★★☆☆☆


 アフリカ民族会議ANCによる南アフリカ政府要人を狙ったテロ計画の詳細を知った南アの大臣フォルステル。テロ計画をそのままにしANCからのテロの中止指令伝達経路をも断ち切り...大統領を含むほとんどの要人がテロにより死亡。フォルステルはみごと南アの大統領の位を得た。テロの真相を知らない南ア国民によって勢いを持ったフォルステルはナミビアに侵攻開始!
 勢いに乗った南ア軍はナミビアを攻め立てるがやがてキューバ・ロシアの介入もあり劣勢に立たされてゆく。核保有国でもある南アはやがて...


カテゴリー「読んだ本」 のエントリー