ヴァチカンからの暗殺者

 クリーシィは出てこないけどやっぱり復讐劇。ラストがちょっといただけなかったけどまぁ流れ的には楽しめたかな。
新潮社
  
A. J. クィネル

★★★☆☆


 KGBによるローマ法王暗殺計画がヴァチカンにもたらされた。これを知った法王の側近らは法王に秘密で暗殺を指揮しているアンドロポフ書記長を逆に暗殺しようと計画する。暗殺者としてアンドロポフを心底憎み亡命してきたポーランド秘密保安機関SBのエリート将校スツィボル。ヴァチカンは彼をテロリスト訓練施設に送り暗殺技術を習得させるとともにモスクワに潜入させるために秘密ルートを開拓、計画は慎重に進められたが...密告者により殺害計画がモスクワに知られ万全の警戒対策がとられてしまう。それでも復讐心から潜入を望むスツィボル。アンドロポフの命は...


カテゴリー「読んだ本」 のエントリー