サンダー・ポイントの雷鳴

 もうショーン・ディロンとファーガスン准将が出てくるだけで満足。この2人がいれば最強でしょ。この物語で初めてショーンと准将が手を結ぶ。今後も数回、彼に仕事を託すけどそれは今までこのコーナーで紹介したとおり。ストーリー的には悪役の妨害工作がちょっと物足りないのが残念。
ハヤカワ文庫
  
ジャック・ヒギンズ

★★★☆☆


 セント・ジョン島でダイバーが第二次世界大戦”終戦後”に沈没したと思われるドイツ海軍のUボートを発見した。しかもこの沈潜の中にヒトラーが交わした密約や全世界の政治機関に隠れているファシストの名簿があることが判明。この情報を手にしたイギリスはこの沈潜からの回収作業を情報部のファーガスン准将およびショーン・ディロンに託すが...


カテゴリー「読んだ本」 のエントリー