天の向こう側

ハヤカワ文庫
  
アーサー・C・クラーク

★★☆☆☆


 アーサー・C・クラークの短編集。手軽に読める短編が14本収録されている。

 一番面白かったのは「月に賭ける」。初めての有人月面探査での秘話の紹介という形で話しが進められている(もちろんフィクション)。「リングワールド」のように果てしなく壁が広がっている世界での冒険物の「暗黒の壁」なんかも良かったかな。

 どの作品も数分~数十分で読める程度の量なので、電車の待ち時間などでも簡単に読めるので結構いい感じです。




カテゴリー「読んだ本」 のエントリー