終極の標的

 やっぱこの手の小説はストーリー的にもその他もJ.C.ポロックが一番面白いよなぁ。ちょっとエディの殺し方があっけない感じもしたけど。
ハヤカワ文庫
  
J.C.ポロック

★★★★☆


 元デルタ・フォースの隊員ベンとエディ。彼らはカナダの未開の地でのキャンプ中に飛行機が墜落するのを目にする。墜落現場に赴いた2人がみたものは2000万ドルにも及ぶ現金。こんな大金を運ぶのは悪党に間違えなく、宝くじに当たったようなもの、と山分けにすることにした2人。無事にアメリカへ現金の輸送を果たすが、持ち主の手がせまりつつあった...


カテゴリー「読んだ本」 のエントリー