レッドストーム作戦発動 上・下

文春文庫
  
トム・クランシー

★★★★☆


 ソ連がドイツに侵攻を開始!
 侵攻する理由はどうあれ、ドイツとソ連が戦争に突入。戦いの形的にはNATO対ソ連。戦車、機械化歩兵、ステルス爆撃機、戦闘機、空母、潜水艦、巡航ミサイル、偵察衛星.....現代の戦争で考えられる兵器のほとんどが登場。それらを駆使して双方が戦う。

 とは言っても、この小説が掛かれた年代も時代設定も古いからなんとなく湾岸戦争とかよりも技術は劣っている感じ。潜水艦とか戦闘機とかボコボコやられて、こんなんでいいのかよ、って気がしないでもないし。でも、この小説は本当にすごい。グローバルな視点で大戦略を小説化してる。思わずSYSTEMSOFTが発売してるパソコン用の戦略ゲーム「大戦略VI」で遊んでしまった。この小説は結構お勧め。

カテゴリー「読んだ本」 のエントリー