第45航空師団

 F-4Eの凄腕パイロット・ジャック・ロック中尉そしてその後席手”サンダー”・ブライアントが放つ空爆・空中戦。なかなかデキタ小説だったかも。700ページもある分厚い小説だけどマッタリして読む気のしない部分もなかったし。
新潮文庫
  
リチャード・ハーマン・ジュニア

★★★★☆


 緊迫の度を高めるペルシャ湾岸の中東情勢。そんななかウォーターズ率いるアメリカ空軍第45航空師団が湾岸のアサンヤ岬へ派遣される。アサンヤ岬を本拠地としてF-4Eファントムを駆使してイスラム人民軍に対し空爆を行なう師団。そのあまりの脅威にイスラム人民軍はアサンヤ岬への攻撃をも計画。アサンヤ岬では空爆を継続しつつ避難も開始するが...


カテゴリー「読んだ本」 のエントリー