実験でよく使うもの


ビーカー


 容量10ml~5リットルぐらいまで備わっている。
 材質もプラスチックとガラスの2種類。プラスチックも落とすと割れるので注意。


オートクレーブ



 高温、高圧を加えることで滅菌する装置。とりあえず120℃20minも処理すれば 細菌は死ぬ。カビの胞子とかは死なないけど。
 扱うときは必ず圧力をチェックすること!1気圧以上になっているときに開ける と大変なことになる。学生実験のときにやらかしたときは死ぬかと思った。



結晶



 保存&incubateしてあるプレート。それだけ。


結晶用顕微鏡



 ただの実体顕微鏡だけど...こんなんで観察する。


純水製造装置



 俗に「miliQ水」と呼ばれる水が出てくる。脱イオン水製造装置。実験するとき は水道水は使わずにこの水、もしくはこの水をオートクレーブしたものを使う。


双眼顕微鏡



 培養液中に増殖してきた菌数を測定するのに使ってる顕微鏡。


スターラー



 テフロンコーティングした磁石。これを使って溶液をかき混ぜる。


ひまわり



 なぜか飾られてた。50円/本で買ってきた本物の花。


スウィングローター



 セントリプレップやセントリコンを使うときに使用。スウィングすることで 鉛直方向に遠心力が働く。


ヴォルテックス



 エッペンとかを押し付けると動作する混合機。指を押し付けるとちょっと気持ちいい。


チューブ・ミキサー



 ヴォルテックスよりも混合度が高い?&一気に大量に処理できて便利。動作音 がうるさいけど。


試薬



 各自、よく使う試薬も良く使わない試薬も自分で調合したものは試薬ビンに詰め て保管している。


UVディテクター



 オープンカラムでタンパク質を精製するときにタンパク質のピークがどこにでた か記録しておくための装置。プリントアウトだけでなくフロッピーにも保存してく れる優れもの。


カテゴリー「遺伝子操作」 のエントリー