形質転換
~大腸菌への遺伝子導入~

1.コンピテントセル100μlにplasmid 1.5μlを混和。
   コンピテントセルの入ったエッペンにDNAを入れる。
2.氷中に20分静置。
   この間にクリーンベンチと42℃、37℃の湯煎を用意。
3.42℃ 2minでヒートアップ。
   お湯の中で浮かびきらないようにスポンジなどにかませる。
4.エッペンの中に倍量のYT培地(抗生物質なし)を入れ、37℃ 30min。
   
5.遠心で上清を少し捨てる。
   別にやらなくてもいいけど、プレートがベチャベチャするので。
6.場合に応じ抗生物質を添加したプレートに撒く。
   
7.コロニーが出るまで37℃でincubate。
   一晩ほっとけばいい。
8.コロニーを1つ取り場合に応じて抗生物質を添加したプレートに引き伸ばす。
   スプレッダーを使い引き伸ばす。
9.コロニーが出るまでincubate。
   半日から1日待つ。
10.場合に応じ抗生物質を添加した培地5mlで培養。
   試験管で。いきなり1.5リットルの液体培地に移してもOk.


 抗生物質が入っていればあまり気にする必要もないが、コンタミしないように気をつけること。

カテゴリー「遺伝子操作」 のエントリー