タンパク質の立体構造をパソコンで見よう
~RasMol その1~

RasMolとは?



 タンパク質などの立体構造をパソコンの画面上で見ることのできる誰でも無料で使う ことのできるフリーソフト。Windows、Mac OS、Linuxなどに対応。開発者のためにソース ファイルも公開している。

 ダウンロードはここで
 2001年8月6日現在、最新バージョンはVer2.7.1.1です(Ver2.7.2.1は試験公開中)。



どういう風に表示?



 標準の状態ではこんな感じに表示されます。これは「Wireframe」と呼ばれる表示方式です。

 他の表示方式に変更したいときは「Display」メニューから選択するだけでOk。
Wireframe
Backbone
Sticks
Spacefill
Ball & Stick
Ribbons
Strands
Cartoons



 ・Wireframe
   全原子の結合を線で結んで表示。

 ・Backbone
   タンパク質の主鎖だけを表示。

 ・Sticks
   全原子の結合を棒で結んで表示。基本的にWireframeと同じ。

 ・Spacefill
   原子の占めている空間を球で表示。

 ・Ball & Stick
   原子を球、結合を棒で表示

 ・Ribbons
   αへリックスとβストランド部分を帯で表示。

 ・Strands
   αへリックスとβストランド部分を平行線で表示。

 ・Cartoons
   αへリックスとβストランド部分をC末方向に矢印のある帯で表示。

カテゴリー「遺伝子操作」 のエントリー