MutYによるDNAのGC->CG変異抑制

 MutY欠損株でG:C->CG transversionが多く生じていることが分かった。この変異の 修復経路としては以下のことが考えられる。
 正常細胞ではC:OGの複製時にGが取り込まれG:OGが生じたとき、この変異にMutYが作 用、Gを除去する。生じたAP:OGにポリメラーゼによりCが取り込まれ、C:OGをMutMが作 用しオリジナルの塩基対であるC:Gに戻す。実際、MutYのG:OGとの結合はA:OGとの結合 と同じぐらい強い。
 しかしMutY欠損株では、G:OGにMutMが作用、G:CにするためG:C->CG transversionが 生じる。

 MutM欠損株の結果を見ると、MutYとのdouble mutantもsingle mutantも変異が増加し ていない。これは、MutMが欠損することによりG:OGからOGを除去することによるG:C->CG transversionが抑制されていることと対応している。


菌株遺伝子型変異数(/108cells)
CC103WT1
CC103ΔmutY120
CC103ΔmutY,pGEX-MutY18
CC103Δmut39146
CC103Δmut39,pGEX-MutY13
CC103ΔmutMmut39149
CC104WT6
CC104ΔmutM2
CC104Δmut39232
CC104ΔmutY204
CC104ΔmutY,pGEX-MutY18


 WT ; Wild Type, 野生型(変異なし)
 mut39 ; MutYホモログ
 pGEX-MutY ; GST fusionのMutY


≪文献≫
Nucleic Acids Research, 1998, Vol.26, No.20 4669-4675
Escherichia coli MutY protein has a guanine-DNA glycosylase that acts on 7,8-dihydro-8-oxoguanine:guanine mispair to prevent spontaneous G:C -> C:G transversions
Qiu-Mei Zhang, Naoko Ishikawa, Takehisa Nakahara, Shuji Yonei

カテゴリー「論文紹介」 のエントリー