レビュー:塩基除去修復

I. イントロ
II. 塩基除去修復に関わるGlycosylase
  A. Uracil-DNA Glycosylase (UDG)
  B. Thymine-DNA Glycosylase (TDG)と二重鎖特異的Uracil DNA Glycosylase (dsUDG)
  C. アルキル化塩基除去
  D. Endonuclease IIIなど
  E. Pyrimidine Dimer Glycosylases
  F. FPG (Fapy Glycosylase or MutM)
  G. 真核生物 OG Glycosylases
  H. Adenine Glycosylase: MutY、MYH
III. 塩基除去修復酵素によるDNA傷害認識機構
  A. Uracil-DNA Glycosylase: 塩基フリップ・アウト
  B. 塩基除去修復系で見られるDNA認識モチーフ
    1. Helix-Hairpin-HelixとGPDモチーフ
    2. EndoIIIとMutYの鉄硫黄クラスター
    3. EndoIIIとAlkAによる基質認識機構
  C. 間接的認識機構: T4-EndoVのPyrimidine Dimerへの結合
  D. DNA損傷位置認識機構
IV. メカニズム
  A. GlycosylasesとGlycosylase/Lyase酵素の分類方法
  B. T4-EndoVとFPGの触媒残基
  C. 塩基除去修復系でのイミン中間体
    1. Endonuclease III
    2. 酵母および哺乳類OG Glycosylaseにおける触媒残基リジンの同定
  D. MutYはlyase活性を持つ?
  E. 塩基除去修復活性におけるアスパラギン酸とグルタミン酸の重要性
  F. 合成DNAアナログ
V. 塩基除去修復に関わるAP Endonuclease
  A. AP Endonucleaseの分類
  B. 基質特異性
  C. Mechanistic Properties of Class II AP Endonucleases
  D. ExoIIIとHAP1によるAPサイト認識機構
VI. Prospectus for the Future
VII. Abbreviations
VIII. Acknowledgments
IX. References


≪文献≫
Chem. Rev., 1998, Vol.98, No.3 1221-1261
Chemistry of Glycosylases and Endonucleases Involved in Base-Excision Repair
Sheila S. David, Scott D. Williams

カテゴリー「論文紹介」 のエントリー