培養プレートの作り方

1.下の組成にしたがって培地を作成する。
   ビーカーで作って構わない。水道水でOk.
2.pH7.0~7.4の間になるようにNaOHとHClを使い調整する。
   スターターでかき混ぜながら電子式pH計を突っ込むと楽。
3.細菌培地用Agar(試薬のAgarよりも純度と目が粗い)を1.5%加える。
   黄色の容器に入ってる。白いのはDNA用で値段が高い。
4.120℃、20分間オートクレーブにかける。
   ビーカーからフラスコとか蓋があるビンとかに容器を変える。
   ハンドルを完全に閉めてから少し開ける。だいたい1時間半で取り出せる。
5.手で持てるぐらいの温度(55℃?)まで下がったら抗生物質を用途に応じ添加。
   濃度はAmpで50μg/μl。Cmで25μg/μl程度。
6.クリーンベンチでプレートに流し込む。
   水蒸気がたまるので固まるまでは蓋を閉じない。固まったら逆さまにする。
   90mmプレートで25ml/枚ぐらい。
7.固まったら冷蔵庫で保管。
   作った日付、培地組成、抗生物質の有無、名前などを記入する。

【YT培地】
  酵母エキス		5.0g
  polypepton		8.0g
  NaCl		2.5g
  H2O			total 1000ml
   (NaOHでpH7.2-7.4に調整)

【L培地】
  酵母エキス		5.0g
  polypepton		10g
  NaCl		5.0g
  H2O			total 1000ml
   (NaOHでpH7.2-7.4に調整)


【Terrific培地】
  ・A液
    酵母エキス(Difco)	24g
    polypepton(Difco)	10g
    glycerol		4.0ml
    H2O			total 900ml
  ・B液
    KH2PO4			23.0g
    K2HPO4			125.4g
    H2O			total 100ml
  ※A液とB液両方ともオートクレーブしてから混合、計1000mlにする。
  ※両液を分けてオートクレーブしないと塩が析出する。


 液体培養では一般的にPlasmidを回収したい場合はLB培地、単に菌を増やしたいときはYTやTerrificを使うらしい。
 プレートだったらLBかYT培地で作っておけばいい。




 冷凍庫の中に×10の培養液が凍らして入っている。この培養液を湯せんで溶かし、10倍に希釈して利用すると楽。Terrific用の各溶液も無菌室に用意してある。

 Agarは1.5%なので培養液1000mlに対し15g加えればいい。

 抗生物質は×1000の溶液が冷蔵庫に入っている。これを培地1000mlに対して1ml加えればいい。抗生物質を取り扱うときは熱がかからないように氷中に置く。また使用後はすぐに戻す。


カテゴリー「遺伝子操作」 のエントリー