CENTRIPREPによるタンパク質の濃縮
~限外ろ過~

セントリプレップ



 遠心機を使うことでろ過できる容器。
 ろ過できるサンプル量は15mlまで。それ以上ろ過したい場合は数回に分けて 操作を行なう。サンプル量が2ml程度であればセントリコンの方がロスが少ない。


濃縮


 セントリコンは4つの部品から成る。

 濃縮したいサンプルは外側の部分に入れる。サンプル量は最大15ml。  キャップをして遠心すると。内側の部分にろ過された溶液が溜まる。


 タンパク質はろ紙を透過しないので、結果として外側に濃縮された溶液が残る。

 ろ紙は内側下の部分にある。濃縮したいタンパク質サイズに応じてろ紙の網目が何種類か用 意されている。それらの種類は色で用意に区別つけられる(写真は緑)。
 黄色:3kD、緑:10kD、透明:30kD、赤:50kD。たとえば30kDのタンパク質を濃縮したい場 合には、黄色か緑のデバイスを使う。30kDちょうどだと網目から漏れて濃縮できないことがあ るからだ。


準備

 梱包状態ではろ紙にグリセリンなどが付着しているのでH2O 15ml を入れて遠心することで洗浄する。300~1000rpm、20min遠心。



 ※ ろ紙が乾くと装置が使えなくなってしまうので使用後には20%エタノールを満たして冷暗所に保存する

 ※ 調子に乗って濃縮しすぎるとタンパク質がアグって沈殿してしまうこともあるので注意




カテゴリー「遺伝子操作」 のエントリー