3Dプリンターでの製作の流れ

3Dプリンターでの製作は大まかに次の6ステップで行います。

1.CADや3Dモデラーで3Dオブジェクトを作成してSTLファイルに出力する
2.STLファイル上で形を確認する
3.STLファイル上での位置や向きを確認・修正する
4.STLファイルからG-codeファイルへ変換する
5.3Dプリンターで出力する
6.サポートを取り除いて出力物を仕上げる


step01.png
まずはCADや3Dモデラーで3Dオブジェクトを作成してSTLファイルに出力します。

CADや3Dモデラーで3Dオブジェクトを製作する過程は、3Dプリンターを使う上で一番難しい項目です。
ソフトは有料/無料ともに選択肢が多く、一概にコレがいい!とも言えず、また技術やアイデアも必要。3Dプリンターで出力しやすい形に設計する必要があります。

step02.png
次に出力したSTLファイル上を確認します。

これは無料ソフトの「netfabb Studio Basic」が圧倒的に便利です。私はSTLファイルをこのソフトに関連付けしています。単純な見た目での確認だけでなく、作成した3Dオブジェクトが1shellになっているかどうかのチェックもできます。
またネット上で手に入るSTLファイルの中にはそのままでは形が崩れて出力されないものもありますが、このソフトで一度上書き保存するときちんと成形される場合もあります。

step03.png
形の確認ができたら、位置や向きを確認・修正します。

これは無料ソフトの「ReplicatorG」が便利です。「Rotate」のセクションで「X」「Y」「Z」ボタンで回転、「Move」のセクションで「Center」ボタンで中心に移動。そして上書き保存。これだけで位置調整が終わります。

step04.png
次にSTLファイルからG-codeファイルへ変換します。

ソフトはいくつかありますが、Solidoodle2での標準は「Skeinforge」になっています。このソフト上で出力する際の温度、スピードや出力精度、サポート剤の有無などなどたくさんの設定項目を必要に応じて調整します。
CADによる3Dモデリングは言っても直感的にできるので簡単なのですが、このステップはトライ・アンド・トライしかないのでかなり大変です。

step05.png
これでようやく3Dプリンターへと出力できます。

出力ソフトはSolidoodleでは「pronterface」になっています。ここまでくれば温度を確認して、出力したいファイルを読み込んで「Print」ボタンを押すだけです。

DSC_2649.jpg
一昔前のインクジェットプリンターと同じぐらいの音を響かせながらABS樹脂で出力されます。
このときフィラメントの絡みで形が崩れたり、ステージの高さや傾きの調整不良で樹脂がうまく出力されなかったり、ステージ温度不足で付着してくれなかったりとトラブルが生じることもあります。そのときは出力をストップして再出力です。

DSC_2650.jpg
出力されたら最後に不要なサポートを除去したり、必要に応じてアセトンやヤスリなどで表面を仕上げ、ドリルで穴を綺麗にするなどして仕上げます。



カテゴリー「3Dプリンター」 のエントリー